HF Debut

無線局免許状2枚目

7か月越しの、2アマ取得 + 短波無線局開局プロジェクト(?)が叶いました。

第二級アマチュア無線技士取得は2020/10/末で、免許証受領後、家内の説得を経て、短波帯無線機を購入、購入した短波無線機は入門機のIC-7300です。
アンテナは短縮型ダイポールアンテナを、L型に組み立て、ベランダに衛星パラボラアンテナ設置用の金具を用いて設置。
無線機器の写真は別の来歴補助簿で説明します。
(更新ネタの確保のためです(笑))

なぜ2枚目免許状?

アマチュア無線局は、移動する局は出力が最大50Wで制限され、移動しない局は従事者免許のランクによって、最大出力が決められます。
今回購入したHF(短波)無線機はIC-7300、最大空中線電力は100W、移動する無線局では申請できません。今年の6月に受けた無線局免許状は移動する無線局で免許が下りています。
ということで、同じコールサインでもう一局無線局免許状を申請する形で、上掲の移動しない無線局免許状を取得しました。

ただし、移動する無線局の免許状には、短波帯の指定はされていませんので、家から出て、例えば、登山して山頂から短波帯の電波発射はできません。移動用の短波無線機も購入かな??

CW(モールス)は修行中

短波帯無線機を購入した際、電鍵(パドル)も購入しましたが、まだまだ修行中です。各バンドのモールス交信ワッチしますが、聞き取れず・・・・・
まだまだ、モールス交信するためには修行が必要です。

手っ取り早く、FT8

今現在は、電離層反射を使用した短波通信に大きく影響する太陽活動周期(サイクル)の底の状態で、電話(SSB)での遠距離通信は厳しい状態です。
一方HF帯でも、デジタル通信(文字通信)が盛んで、パソコンと無線機を接続して、簡単に始めることができます。人間の耳では聞こえないような、微弱な電波でも、復調でき、手軽に遠距離通信が楽しめます。
この数日で、FT8モードで通信できた地域は、

  • アメリカ (東海岸 / ハワイ)
  • ロシア (アジア / ヨーロッパ)
  • イタリア
  • ウクライナ
  • 極東アジア (中国 / 香港 / 台湾 / 韓国)
  • フィリピン
  • フィジー

アンテナのグレード、設置位置を考えると、ぼちぼちな成績と思います。
短波帯の伝搬状況は日によって大きく変わるので、今後も南米等遠いエリアとの交信も期待ですね。

WSJT系デジタル通信(パーソナルコンピュータ変調)[33][34]
パーソナルコンピュータのソフトウェアを用いてコールサイン等の文字列をFSK変調を用いて音声信号に変換し、SSBの音声信号として時分割で送受信を繰り返すことで交信を行う。一般的に音声での交信は7MHz帯以下のアマチュア無線用の周波数帯はLSBを、10MHz帯以上のアマチュア無線用の周波数帯はUSBを使うのが慣例だが、WSJT系の交信では全てUSBにて行う。当初はEME等、微弱信号でも効率的に交信が行えるようJT65, FSK441, JT6M等のモードが開発されていたが、FT8,FT4等様々なモードが随時認可され、電離層反射による遠距離通信でも用いられることになった。交信はモールス符号による送受信と同等の文字列をソフトウェアが交信文として作成し、オートシーケンスによりレポート交換を行うが、オペレーターが入力した文字列若しくは事前に登録したマクロ文字列を送出することも可能である。コンピュータの時刻を元に変調・復調を行うので、コンピュータの時刻をNTPGPS等を用いて正確に合わせておく必要がある。

Wikipedia

実は、もう一台無線機購入

VFH / UHF のオールモードトランシーバ TS-790Sも購入しちゃいました。1988年から販売が開始され、価格は当時税別 279,000円でした。当時高校生の筆者は、まったく手の出ない高級機で憧れでした。
ヤフオクで、比較的状態の良いTS-790Sを4万数千円で落札し、さっそく追加無線機として申請と思いましたが、昔の無線機なので申請手続きがやや煩雑。今現在は、関東総合通信局に申請する前に、保証実施者による”古い無線機ですが、現行の規則に従っていますよ”的な保証を受けるために申請中です。
VHF / UHFでSSBやCWが出せるのは当分先かな?

ということで、当面はアマチュア無線ネタで、更新かな?

Amateur Second-Class Radio Operator

3か月振りの投稿、やっと来歴補助簿ネタができました。

無線従事者免許証

上記が取得した免許になります。(免許証番号と生年月日は消しています)

Twitterでは、サクラサクと書きましたが、第二級アマチュア無線技士の免許証取得しました。無線系免許では初の総務大臣交付免許になります。
平成4年取得第四級アマチュア無線技士、平成10年取得第一級海上特殊無線技士は所轄総合通信局長 が交付者です。

上記は平成10年(22年前)に取得した、第一級海上特殊無線技士の免許証です。大学2年生でした。顔が若い、そして細い!! 部活でボートをバリバリ漕いでいた時期なので、当然ですね(笑)
ラミネート式の免許証であり、この点も時の経過を感じますね。

2アマを取得したきっかけ

  • CW (モールス通信)をしてみたい
  • 4級では電波を出せない、短波帯上級バンド (14MHz)に出てみたい
  • 東京の借家では、設置するアンテナが制限されて、ある程度出力を上げないと通信がしにくい (もちろん必要最低限の出力に抑えて電波出します)

という理由で取得しました。
中高生の時にはなかった、FT8という、パソコンを使用したデジタル通信も盛んになっており、デジタル通信も楽しんでみようと思います。

次の関門!?

次のステップは、無線機器をそろえる必要があります。こちらは家内というハードルが高そうです(笑) これから説得工作になります。
説得工作を成功させて、無線機そろえて、再度無線局免許状の変更申請が必要なので、実際に電波を出せるのは、もう少し先のようです。

東京の借家 (2階)という、悪い条件ですが、工夫して何とか日本中、世界と通信ができるように頑張ります。そして暇が許せば移動運用もトライかな?

QSLカードは以下の通り、小樽のクリエーターに依頼して作成済みです。
通信が成立した際は、通信証明書として、相手局と交換します。

JK1ALGが聞こえたら、呼んでいただければ幸いです。

QSLカード

UNIDESIGN

QSLカードとはアマチュア無線で通信が成立した際に、交信証明書として交換する、カードです。イメージは絵葉書です。

表面は自分のコールサインを目立つように記載して、写真や絵を入れることがスタンダードです。
写真でもOKだったのですが、いろいろ考えた末に、愛読している”今日のひろこ“の原作者、小樽のクリエーター、Unidesign 佐藤じんたんさんにデザインをお願いしました。

メッセージを数回やり取りして、タッチや仕様を決めて出稿となりました。電話すら使わずに、デザインセンスゼロの私の訳のわからない、あいまいなイメージを思い通りに具体化いただき、びっくりです。

通信欄(裏面)には、船乗りらしく、VLCC(大型原油タンカー)をデフォルメしたイラストを入れてもらいました。船体に記載している情報は、我が家のおおよその位置を示しています。

今回は”ゆるいタッチ”という私の依頼でしたが、佐藤じんたんさんのポートフォリオを拝見すると、様々なスタイル作品を拝見することができます。

第二級アマチュア無線技士

無線局も開局、QSLカードも作ったので、アマチュア無線局の運用開始できますが、今現在は資格は第四級アマチュア無線技士で、小さなVHF(超短波)ハンディー機しか所有していないので、通信範囲は見通し距離程度になってしまいます。
やはり、長距離短波通信やモールス符号による通信で運用したいので、本格的にアマチュア無線を再開するのは、第二級アマチュア無線技士の資格を取ってからにしようと思っています。
9月に国家試験があるので、願書はすでに提出しました。勉強はそれなりにしていますが、40代のスカスカになった脳では、勉強したことがどんどん抜けていきます。大丈夫かな?

復活

JK1ALG

JK1ALGは私のアマチュア無線局のコールサイン、識別符号(呼出符号)です。
復活させたのは、アマチュア無線局です。2009年に失効した以前のコールサインはJJ8HMQでした。11年振りのアマチュア無線局開局です。
コールサイン内の数字は地域を表しており、以前は北海道で開局していたので、8、今回は東京での開局なので1となりました。
なぜ無線局を復活させたかというと、高校生時には財力が無く運用できなかった、短波帯でCWの運用がしてみたく、復活させました。
とは言っても今は、第4級アマチュア無線技士なので、CW(電信)の運用はできないので、2アマ取得に向けて、勉強中です。
また、借家なので、大きなアンテナは設置できないので、短波帯の運用は厳しいですが、何とか工夫して、運用するように計画中!

私が、CWを運用できるようになると、CQ (一括呼出)する際は、以下の符号を送信するのかな?

もし間違えていたらすみません。

無線局免許状です。住所は公開できないので、ぼかし入れています。
4/5に申請して、免許状が下りたのは、6/11でした。なんでこんなに時間がかかったかというと、私の申請ミス。
外航船の船舶管理をしているので、新スプリアス規制は知っており、管理船舶では対応もしたのに、自分のアマチュア局では完全に失念、再申請、時間を要しました。
無線機は今回の申請は冒頭のアイキャッチ画像のハンディー機1台のみで、許可されている周波数帯は、超短波帯(VHF)のみです。上級免許(第2級アマチュア無線技士)を取得できれば、短波帯(HF)の無線機を購入して、免許状も変更申請します。

外航船の無線設備

外航船であれば、必ず無線設備が設置されています。私は、機関士ですが、第一級海上特殊無線技士(制限無線通信士証明)を取得しているので、資格上は国際VHFという、見通し距離内の通信装置の操作は可能です。
代表的な無線装置は、

無線コンソール
  • インマルサットC (衛星通信)
  • MF / HF 通信装置
  • 国際VHF
  • レーダー
  • 衛星データ通信装置
    (VSAT / Fleet Broad Band)

一部の無線装置は、GMDSS用設備となり、規則で搭載が義務付けられています。無線コンソールは右写真、最近の船の無線設備は、さっぱりしています。船の無線はデジタル化されて、船の無線から電信はなくなりました。

私が船に乗っていたころは、短波無線機を使って、高校野球や日本の短波ラジオ聞いていました。今はVSATでデータ通信が可能なので、速度は遅いですが、インターネットが使えるので、短波ラジオを聴いている人はいないかな?

GMDSS

海上における遭難及び安全に関する世界的な制度英語: Global Maritime Distress and Safety System, GMDSS[1]世界海洋遭難安全システムとも)は、国際航海に従事する旅客船総トン数300トン以上の貨物船に、安定した遭難・非常通信を確保するとともに、航行警報気象警報等などの海上安全情報を自動で伝達できる通信システムである。1999年2月より実施されている。

ウイキペディア